インテリアカラーの二代巨頭「グレー&ブラウン」|コーディネートのポイントを徹底解説【茨城県の個性派家具専門店BOOMS】

色味の統一で重さを感じさせないソファ

毎年インテリア業界でもトレンドカラーが決められますが、その中でやはり定番なのが「グレー系」と「ブラウン系」。

特に、大人っぽい雰囲気にしたい人からは絶大な支持を受けています。

しかし、とりあえずグレーやブラウンばかりの家具やインテリアアイテムを選んでも、どこか垢抜けない印象になりがちです。

そこで、今回はおしゃれにグレーとブラウンをインテリアに取り入れるポイントを紹介します。

シックでスタイリッシュなお部屋にしたい人は、是非参考にしてください。


CHECK POINT!
●グレーとブラウンの組み合わせは、色の組み合わせ次第で印象が全く変わります。
●それぞれの素材や濃淡に変化をつけることで、立体感のあるおしゃれなお部屋に仕上がります。
● “BOOMS”ならトレンドを抑えたリーズナブルなインテリアアイテムが手に入ります。




「グレー×ブラウンなら失敗なし」は大間違い?

ブラウンもグレーも王道のナチュラルカラーとして知られています。

ですから、この2色の相性が悪いはずなんてない!と思う人も多いでしょう。

しかし、濃淡やトーンに気を付けないと、どこか間の抜けた印象になりがちです。

例えば、下のような色の組み合わせを見てみましょう。

① ダークグレー× ダークブラウン

ダークブラウン(チャコールグレー)もダークブラウンもそれぞれ人気の高い色ですが、これらを組み合わせてしまうと、かなり圧迫感のある部屋になってしまいます。また、照明や日の光も吸収してしまうため、日中でも照明器具をつけなくてはいけなくなるでしょう。

② ライトグレー × ベージュ

無難に思われそうな組み合わせですが、淡いベージュと淡いグレーを掛け合わせると、全体が締まらずぼんやりとした雰囲気になりがちです。

③ ④ 補色関係のグレー×ブラウン

補色とは、色相環図で互いに正反対に位置するの色の組合せを指します。反対色と同じような意味合いです。これらをコーディネートすると、まとまりがなく雑然とした雰囲気になってしまいます。また、一方が目立ち一方が埋もれてしまうため、よいコーディネートとは言えません。ブルーグレーなどのグレイッシュカラーを取り入れる時には特に注意してください。


このように、単にグレーとブラウンを組み合わせればいいと言う訳ではなく、必ず濃淡とカラートーンを意識した色選びが必要です。

また、インテリアにおいてはその素材(木・レザー・石・布など)の組み合わせも、印象を大きく左右します。



【関連コラム】
BOOMS|コラム|“グレーインテリア”がトレンドから王道に!|家具選びのポイントからおすすめ商品まで徹底解説




「グレー×ブラウン」インテリアを成功させる5つのポイント

では、グレーとブラウンでうまくインテリアをまとめるためには、何を気をつければいいのでしょうか?

ここでは、特に重要な5つのポイントを紹介します。

ポイント① 濃淡の種類はたくさんある方がいい

グレーもブラウンも、白の量によって明るさは無限にあります。

単調な印象にならないためにも、それぞれの色について濃淡の種類を多くしましょう。

濃淡が異なるだけで、まるで違う色のような印象になり、グレー・ブラウンのシンプルな組み合わせでも、奥行きが生まれます。

よくありがちなのが、失敗を恐れて同じ色でアイテムをまとめてしまうこと。

例えば、木目は全て同じ色で、カーテンもラグもクッションカバーもライトグレーにしてしまうと、単調で印象が薄い部屋になってしまいます。

グレーとブラウンというメインカラーに沿って、濃淡が様々な色を取り入れてみましょう。

ポイント② 素材ミックスで自然な色を取り入れる

グレーもブラウンも、プリントされた色だけではなく、木・石・コンクリート・麻など、素材そのものの色でもあります。

これらで作られた家具などは、決して単色ではなく、よく見ると自然なムラやグラデーションがあるはずです。

素材の色をコーディネートに活かせば、わざとらしくないナチュラルな印象に仕上がります。

特に視界に入りやすいテーブルの天板などは、ランダムな木目のものを選ぶのがおすすめ。

家具そのものがインテリアの主役になります。

ポイント③ カラー系グレーを使う時は色調に注意

ブルーグレーやグレーグリーン、ピンクグレーなど、有彩色をプラスしたグレー系カラーを用いる時は、特に色選びに慎重になりましょう。

例えば、パステル系の可愛らしいグレー系カラーと、無骨な印象のブラウンを組み合わせると、一体どんな雰囲気にしたいのかコンセプトがブレてしまいます。

逆に、北欧系のすっきりとしたお部屋にしたいのに、主張の強いレッドブラウンの家具を選ぶとうまく纏まりません。

コーディネートを考える時は、できるだけ近い色調の色を選びましょう。

ただし、ダーク系の色調を選ぶ際は、どちらかの色の明度を少し高くしてください。

そうすることで、暗い印象になりにくいです。

引用:MEGASOFT| インテリアコーディネーターのための配色入門講座



ポイント④ 部屋の広さに応じて色を選ぶ

部屋の広さも色を選ぶ際のポイントになります。

ワンルームなどの狭い部屋の場合は、グレーかブラウンを明るい色にしてみましょう。

また、壁紙(明るい色)が広範囲で視界に入るように家具の高さに気をつければ、狭苦しい印象を和らげられます。

逆に、広々とした部屋でライトグレーやベージュを使いすぎると、落ち着かない部屋になってしまいます。


〈関連コラム〉
BOOMS|コラム|ワンルームでもおしゃれな部屋に住みたい!狭い部屋でもうまくインテリアをまとめるポイントを解説

ポイント⑤ アクセントカラーで個性を出す

とことんグレーとブラウンにこだわるのもいいですが、個性を出したい人はアクセントカラーをプラスしましょう。

できるだけ彩度の高いビビットカラーがおすすめです。

アイキャッチカラーとして自然と視線を集め、空間を引き締めます。

グレーやブラウンと相性のいいおすすめカラーは、イエロー・グリーン・ブルー・レッドなどです。





【BOOMSおすすめ】「グレー×ブラウン」インテリアにぴったりのアイテム

私たちBOOMSでは、「グレー×ブラウン」インテリアの部屋にしたい人におすすめのアイテムを数多く取り扱っています。

その中でも、特に人気の5点を紹介しますので、ぜひ参考にしてください

【ランブル ソファベッド】

ソファベッドはなかなかおしゃれなものを見つけるのが大変ですよね。

そこでおすすめなのが、こちらの商品です。

コーデュロイと合成皮革の2素材・各2色のラインナップがありますが、特にグレー×ブラウンインテリアにぴったりなのが、ヴィンテージ感漂うコーデュロイカーキとコーデュロイグレイの二色。

使い込んだような“クタッと感”がしっかりとトレンドをおさえています。

クッションをどかせば、大人一人が十分寝転べる広さです。

一人暮らしのお部屋でソファとベッドの両方を置けないという人におすすめします。

購入や商品の詳細は、こちらをご覧ください>>>



【シティ カウチソファ】

重くなりがちなダークグレーのソファですが、こちらはファブリックがふわふわとしているので、レザーなどと比べると優しい印象になります。

本体はセパレート式なので、レイアウトの自由度が高く、狭い賃貸住宅にも搬入しやすい点がポイント。

座面の奥行きも広く背もたれも高めなので、深く座って沈むような座り心地を満喫したい人におすすめです。

背面・座面・ランバークッションのカバーは、外してドライクリーニングが出来ます。

ですから、ペットや小さいお子さんのいるご家庭でも安心してお使いください。

購入や商品の詳細は、こちらをご覧ください>>>




【アルゴス 矢貼ダイニングテーブル】

カウンター材が大きく単調になりがちなダイニングテーブルも、木目の方向を変えるだけで、全く違う印象になります。

こちらは、矢貼り柄(ヘリンボーン柄)なので、シンプルながらインパクトがあり、置くだけでスタイリッシュなお部屋になります。

このテーブルのポイントは、天板のデザインだけではありません。

四方は角が削られており、額縁のような重厚感が感じられます。

また、ブラックアイアン調のシャープで華奢な脚部もおしゃれです。

同デザインで、ソファと組み合わせられるセンターテーブルもご用意しています。

購入や商品の詳細は、こちらをご覧ください>>>

同デザインのセンターテーブルはこちらをご覧ください>>>



【HCR コンクリ風ダイニングテーブル】

こちらは、天板がコンクリート調の珍しいテーブルです。

単調になりがちなグレーとブラウンの組み合わせですが、これだけでかなりインパクトのあるインテリアに仕上がります。

天板も脚部も重い印象にならないシャープな作り。

他にはないお部屋にしたい人におすすめです。

購入や商品の詳細は、こちらをご覧ください>>>



【アイアンチェア B】

ブラウンとグレーのコーディネートを引き締めてくれるのが「ブラック」。

こちらは、細いフレームでブラックなのに軽やかなデザインのチェアです。

スタッキングできるので、来客用の椅子としても万能!

複数揃えて、ダイニングチェアにしてもおしゃれです。

購入や商品の詳細は、こちらをご覧ください>>>



手軽におしゃれインテリアを作りたい人には“ファストインテリア”がおすすめ

リビングでくつろぎの中心となるソファ

ファストインテリアとは、流行の最先端をいち早く取り入れつつも低コストな家具やアイテムのことです。

「安っぽく見えるのでは」と思うかもしれませんが、最近は大量生産された家具でもディテールにまでこだわり抜かれた“掘り出し物”が多く販売されています。

決して家具の良し悪しは値段だけでは決まりません!

大切なのは、本当に気に入った物と出会えるということ。

予算に限りがある場合でも、ファストインテリアなら思う存分お部屋作りを楽しめます。



まとめ|グレー×ブラウンは色や素材選びがポイント

グレー×ブラウンのインテリアは、色や素材次第で全く異なる印象になります。

色の組み合わせを間違えれば、なんとなく面白味のない部屋になってしまいますし、室内の明るさまで左右します。

家具やインテリアアイテムを選ぶ際は、それぞれ単体で選ぶのではなくグレーとブラウン2色の組み合わせをしっかりと確認しましょう。

私たちBOOMSでは、知識豊富なスタッフがあなたのお部屋作りをお手伝いさせていただきます。

ぜひお気軽にご相談ください。





BOOMSは15年以上“こだわりのファストインテリア”をお届けしています

いをさせていただいています。

また、私たちは「売りっぱなし」ではありません!

ご購入後もアフターメンテナンスを含めた長いお付き合いを心がけています。

インテリアにお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

BOOMS「私たちの思い」もぜひ合わせてご覧ください>>> BOOMS|経営理念「大切な人と毎日を楽しく」

MEMO
店内の様子や新商品情報、家具に関する豆知識など、様々な情報をSNSでアップしています。ぜひご覧ください。

Instagramはこちらから>>>
youtubeはこちらから>>>
LINEでのお問い合わせはこちらから>>>


実店舗・オンラインショップどちらも豊富なラインナップ

〈ACCESS アクセス〉

店舗名|個性派家具専門店ブームス(取手市)

住所|〒300-1512 茨城県取手市藤代973

TEL|0297-85-5888

営業時間|10:00〜19:00(定休日なし)

〈BOOMS ONLINE STORE〉

TEL|0297-85-5888

電話受付時間|11:00〜18:00(定休日なし)

URL:https://booms.co.jp